2013年2月4日月曜日

名探偵コナン「英語版」初期OPなどに対する海外の反応

名探偵コナンOP1 胸がドキドキ (My heart pounds) 英語版

Case Closed Opening Song(English)

名探偵コナンは同名漫画のアニメ作品。1996年1月8日から放送。
もはや説明不要の人気作品で、北米でも「Case Closed」(事件解決)という名前で漫画、アニメが発表されています。他国ではMeitantei Conan やDetective Conanなどさまざまなタイトルでさまざまな国・言語で放送されました。

コナンはConanのままですが・・・
工藤新一がJimmy Kudo、毛利蘭がRachel Moore、毛利小五郎がRichard Moore、吉田歩美はAmy Yoshida、円谷光彦はMitch Tsuburaya、小嶋元太はGeorge Kojima、目暮十三はJoseph Megure、白鳥任三郎はNicholas Santos、服部平治はHarley Hartwell、鈴木園子はSerena Sebastianなどなど名前も、イニシャルをそのままに元の雰囲気を残してアメリカナイズされています (白鳥警部のニコラス・サントスは響きがいいので好きです)。また、漫画とアニメでそれぞれ別の会社がライセンスを取得しているので、同じ登場人物でも名前が違うこともあるようです。

コナンのOPはたくさんあるのですが、一番最初のOPはザ・ハイロウズの「胸がドキドキ」。英語で歌われたものがOPに採用されており、歌詞も日本語をほぼ忠実に英訳したものになります。

※海外で使用されていないOPもあるので、OPの順番を表す数字は日本版に合わせています。
※動画はOP動画のないものを含みます。
おまけで、ほかのOPも一部紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・なんて曲?
 
  ・first new centuryとかなんとかだったような。

  ・pounding of my heart って呼ばれてるよ
(※poundは動詞でドンドン叩く、連打するといった意味があります。今回はドキドキにあたります)

・ワオ、名探偵コナンってとっても古くなっていくね。永遠にずっとそばにいる。

  ・漫画は1994年2月2日、アニメは1996年1月8からだね。


日本版が最高。以上だ
 
  ・私たちみたいなファンボーイは音楽を嫌う気持ちをどこかにやってしまわなきゃ

  ・いや、このバージョンが嫌いって意味じゃなくて、個人的に日本版のほうが良いと思うだけだよ。あと、私はガールだよ。


・私が英語で聞く数少ないアニソンの一つ。日本版の歌手は半分寝てるみたいに聞こえる。

・日本版より英語版がいい数少ないアニソンの一つだ。このバージョンはまあちゃんと聞けるけど、日本版は耳を傷める

・いつ終わるんだ。20年間、誰も年を取ってないし

  ・うまくいけば、決して終わらない。

ドイツ語版のほうが英語版よりずっといい
と初めて思えるOPだ

・吹き替えを辞めちゃったのが悲しいよ。英語の声が本当に好きだったのに。まぁ、私は字幕でみるんだろうけどさ・・・。

・最初の絵でアガサは何をしてるんだ。リチャードの鼻にサムアップしてるのか?!
(※リチャード=小五郎)

英語吹き替えで楽しめた唯一のアニメ

  ・そうだね。130話までしか吹き替えられてないのがなぁ

・この歌詞・・・・・・お、俺は覚えてるよ・・・ 男泣き

・素晴らしいミステリーアニメ
  
・まさか。これが本当にWiiのゲームになるって? もしそうなら今日買いに行くよ

 ・そうだよ、あるんだ。アメリカじゃ発売されてなくて日本とオーストラリアだけだけど。

これはcarl finchによるfirst new century って歌だよ。(※carl finchはアメリカテキサス出身の演奏家・シンガーソングライター・プロデューサー。幽遊白書のOPやドラゴンボール、コナンの吹き替え版OPなどを担当。コナンのED4「君がいない夏」も歌われています↓)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おまけ1

ED1 STEP BY STEP 英語版
OP3 謎 英語版



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



OP4 運命のルーレット廻して(冒頭英語)

Case Closed Opening 3 - HQ


ZARDの名曲ですね。動画の最後ではCase Closed という、いい感じのタイトルロゴも見ることができます。

冒頭部分↓
My name is Jimmy Kudo, high school detective. 
But to the world, I'm Conan Edogawa ; an alias I was forced to assume after an experimental drug reverted me back to childhood. 
Now I fight crime with Richard Moore and his daughter, Rachel, armed with the knowledge that one truth prevails
(※私の名前はジミー工藤で、高校生探偵です。でも世間向けには江戸川コナンで、実験薬で子どもに戻らされてからその偽名を使ってます。今はリチャード・ムーアとその娘のレイチェルと一緒に犯罪と闘っています。一つの真実が勝つ、知識で武装して)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・素晴らしい。鏡のとこが一番いいね。
  
  ・私はコナンが走ってるとこが好き。なんでかわからないけど


・(出だしの)あの大きい金のリングはどういうこと?

・これはいいね。ほかの2つ(※これは3つ目のOPだったみたいです)は・・・なんでか嫌なんだ。
私は、ジミー→コナン→ジミーが現れる鏡のとこが好きだな。すばらしい歌

・Zardのspin the roulette of destinyだったはずだ

  ・そうだよ。運命のルーレット廻して、だね。ZARD大好きだ!
  
  ・私も! とっても美しい音楽だよ

・このOPは素晴らしい。なぜかコナンが走っているパートが好きすぎる。なんか格好良く見えるからだと思う。

・1:12の(黒い犯人の)目はセレナのみたいにみえる
 (※セレナ=園子)

・かっこいい歌

・前の2つのOPみたいに英語じゃないのがなんとなく悲しい。Funimationの吹き替え英語版OPって本当に好きなんだけどな

 ・DVDが売れなくて予算不足で作れなかったのが理由だと思うよ。ファンのせいだね

・50秒~最後までと、冒頭で自己紹介するところが好き。

・50秒から1:00
 ジョージ (※元太) : 殴ってやる
 ミッチ (※光彦) : 耳がぁ
 セレナ (※園子) : なんてこと
 レイチェル (※蘭) : コナン君、歌ひどい
 エイミー (※歩美) : いえい! コナン君、さぁもっと歌って

・この歌大好き!! 最高のOPだ

・鏡のシーンが最高に素晴らしい

・残りの話も全部吹き替えてくれたらいいのに

・このOPがなかったら、きっとアニメを見てなかったと思うよ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

おまけ2
ドイツ語版 「運命のルーレット廻して」
ドイツ語版  「Mysterious Eyes」 (フル)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


以上です


地域によっては日本名のままのところもあるようで、Jimmyってなんだよ、といったツッコミや議論も多数見かけました。2003年頃から吹き替えなどが放送され始めたようで、日本と同じように、この作品と子供時代を過ごされた方も多くいらっしゃるようです。

ドイツ語版も結構いいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

いつでもご自由にどうぞ